ブログ

ブログ アンパンマンの作者 やなせ たかしさん 三沢市美容室プリズム

人気アニメ『それいけ! アンパンマン』の原作者のやなせたかしさん。。

2013年10月13日、心不全のために94歳でこの世を去った。

3.11の震災後、ラジオ局などに子供たちを励ます為に、多くのリクエストが寄せられた。

しかし勇気をもらって励まされたのは、大人たちだったそうです。

 

アンパンマンのマーチ

作詞 やなせたかし 
作曲 三木たかし

そうだ うれしいんだ
生きる よろこび
たとえ 胸の傷がいたんでも

なんのために 生まれて
なにをして 生きるのか
こたえられない なんて
そんなのは いやだ

今を生きる ことで
熱い こころ 燃える
だから 君は いくんだ
ほほえんで

そうだ うれしいんだ
生きる よろこび
たとえ 胸の傷がいたんでも
ああ アンパンマン
やさしい 君は
いけ! みんなの夢 まもるため

なにが君の しあわせ
なにをして よろこぶ
わからないまま おわる
そんなのは いやだ

忘れないで 夢を
こぼさないで 涙
だから 君は とぶんだ
どこまでも

そうだ おそれないで
みんなのために
愛と 勇気だけが ともだちさ
ああ アンパンマン
やさしい 君は
いけ! みんなの夢 まもるため

時は はやく すぎる
光る 星は 消える
だから 君は いくんだ
ほほえんで

そうだ うれしいんだ
生きる よろこび
たとえ どんな敵が あいてでも
ああ アンパンマン
やさしい 君は
いけ! みんなの夢 まもるため 

今この歌詞を読んでもシンプルだけど、深いなーと感じます。

実は、アンパンマンは世界中の子供達にアンパンを配るという大人向けの作品だったそうです。

50代で「アンパンマン」が大ヒットする以前のやなせさんは売れない作家であり。。

空腹を抱えながら「食べ物が向こうからやって来たらいいのに」。。

と思って いたといいます。

こういった事情が「困っている人に食べ物を届けるヒーロー」という着想につながった。

アンパンマンと「正義」というテーマについて、やなせさんは。。

端的に「『正義の味方』だったら、まず、食べさせること。飢えを助ける。」

また「究極の正義とはひもじいものに食べ物を与えることである」と述べている。

あるインタビューで「アンパンマンのどこが好き?」と聞かれた子供は「顔をあげる優しいところ」と答えていました。

幼少からずっと極貧時代を過ごしたから、自分の顔を食べさせる優しいヒーローを生み、多くの人々の共感を得て、やなせ氏の分身である「アンパンマン」は支持され続けるでしょう。

詳しい経歴は、ウィキペディアでご覧下さい

やなせたかし – Wikipedia

ブログ アンパンマンの作者 やなせ たかしさん 三沢市美容室プリズム はコメントを受け付けていません

Comments are closed at this time.

ご予約・お問い合わせ